THE恋愛術

思わず読み返したくなるようなメール【前編】


『メールの返事が返って来ない……』

ちゃんと読んでくれてるの?
返事を出すのが面倒なだけ?
それとも、俺のことが嫌いだから……?


実際のところ、メールの処理というのは
以下の4種類のどれかに分類されます。

 ① タイトルだけチェックして、中は読まないメール
 ② 読んだらすぐ削除するメール
 ③ 1回読んだらそれっきり忘れてしまうメール
 ④ 保存して、何度も読み返したいメール


さあ、あなたの送ったメールは
何番に分類されているのでしょうか……?

③?
ひょっとしたら②?
まさか①ってことはないと思うけど……。


今日は、あなたのメールを④にするための
ちょっとしたアドバイスをお届けします。






■メールは形に残るもの


「嬉しいメール」
「嫌なメール」
「どうでもいいメール」

メールの内容やその感じ方は色々ですが、
共通しているのは、文章として形に残ってしまうということ。

いいメールなら、何度も読み返して嬉しい気分になれるけど、
嫌なメールだったら、辛い気持ちを何度でも思い出してしまう事になります。

嫌なメールを残すか削除するかは相手次第ですが、
送る方の心構えとして、

 「読み返して辛くなるようなメールは打たない」

まずこれが鉄則です。


もちろん、人と人が付き合っていくなかで
お互いに嫌な事を言わなきゃいけない場面もあるし、
ケンカする時だってあるのは当たり前。

それでも、私の考えを言えば、

そういう「込み入った内容」を話すのに
メールという情報量の少ないツールは向いていない、と思います。

 ・「告白」「別れ話」など難しい話なら、できるだけ会って話す
 ・メールには極力、ネガティブな内容は残さない

メールは形に残ってしまうもの。
それを忘れないようにしたいですね。



■ポジティブワードの大切さ


「ムカツク」「ヘコんだ」「落ち込む」「辛い」「もう嫌だ」

こんな内容ばかりのメールを送ってしまうと、
たとえ、送った側にはそんなつもりはなくても
読んだ相手にはそんなマイナスの感情が「伝染して」しまうもの。

送った当人は気づかない、「嫌なメール」の典型パターンです。


逆に、

「嬉しい」「感動した」「元気出た」「楽しみ」「また行きたい」

というワードのたくさん詰まった内容なら、
知らず知らずのうちに、相手の気持ちも嬉しくさせてくれます。


「好き」「かわいい」「素敵」

のような、恋愛を連想させる単語は特に効果的。

相手に対して言ったのではなくても、
異性が口にした「好き」は、女の子の恋愛ゲージをぐっと高めてくれます。


メールの件名にも気をつけます。

=======================================
件名 Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:昨日
=======================================

こんなタイトルじゃ、
開けてもう1回読もうという気にはなれないですね。

=======================================
件名 昨日はありがとう
=======================================
件名 あれ、すっごい可愛かった
=======================================

まずタイトルから、ポジティブワードで攻めましょう。


好きな人から貰ったメールなら、保存して何回でも読み返したい。
そう考えるのが、女の子の気持ちです。

逆に言えば、女の子の気持ちをギュッと捕まえるためには
何度も読みたくなるようなメールを書くこと。

そのためには、どんな内容を書けばいいのか?


続きは次回で、たっぷりお話ししていきたいと思います。

お楽しみに。


町田


カテゴリー:恋愛テクニック